FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我輩はJAMである

知名度はまだない



 


はいはいドーモー 噓つきでーす

酔っ払ってGW真っ只中にシレーっと更新しますよ

誤字脱字はご容赦ください



今日は何の話でしたかねぇ? そうカーボン カーボンの張り方です



その前に



元々このブログはHPと併せ訪れていただいた皆様になんとなく近寄りがたいペイントショップの日々の作業、あるいは、ペイントが完成するまでの作業行程などを公開してペイントをもっと身近なものとしてに感じていただこう、そして様々な技法をご自身の愛車のカスタムに一役立てていただこうという趣旨で始めたものではなく、ただ単に「HP作れよ」という一部の我侭なお客様に言われて作ったHPのヒット数を上げるために立ち上げたブログでございます。最初は張り切って週一で更新しておりましたが今ではご覧の有様でございます 文面からもひねくれた性格が読み取れると思います 

それでも心がけていること  


ネット上のどこにもない情報を提供する 誰かが何か検索して得をする


あるいは 誰かを糾弾する



最近そんなブログやHPからお越しになるお客様が多くなってきました
実にありがたいことでございます

そんなHPの生い立ちゆえJAMの所在地、連絡先は一切非公開であります
最近ではゼンリンの地図からも工場が抹消されてしまいました

それでもお問い合わせいただき大事な愛機をお預けくださるお客様には頭が下がるばかりであります 本当です


そんなHPを見てお越しになったお客様の車両のご紹介


久方ぶりのTWです なんと納車の当日に入庫されました

タンクとフェンダーを塗ってロゴを入れたいが何も思い浮かばないのでJAMロゴで!  と

ありがたいのですがうちにはネームバリューがございません 
別に有名になりたいとも思いませんがこんなときばかりは名が通っていないことを申し訳なく思います。。。


コントラストを考えフェンダーはそのままでタンクのみペイントさせていただきました

DSC09052.jpg


DSC09053.jpg


バランスよくまとまっていますね  最小のペイントでも全体で見て高い完成度となりました

こういうの大好きです

うちのお客様の○谷様のTWとは大違いです

もっと撮っておけばよかった。。


もう一方

初めてのペイントだそうで、直前によそのお店に塗装に出されたお連れの方はたいそう残念なペイントさをれてしまったそうです・・

有名な車両のデザインをお持込みされました

DSC09042.jpg

DSC09035.jpg

デザインに派手さはないのですが深い色味で飽きずに乗れると思います    完成したらまた遊びにきてください



さて本題です 

C F R P

好きでしょ?  


そうそう、西條秀樹の・・



ちがう それ YMCA


てか、ヤングマン








もう後笑うとこないですよ


前回から記事にしようと思っていたのですが、画像がない  
始めと終わりだけでもあれば何とか書けるのですが 完成品も撮ってない


JAMの半分はウッカリでできています

今回はシッカリ撮りましたよ!



では今回の素材を紹介しましょう

こちら


錆止めのために油でヌラヌラになったモンキーのタンク

DSC09101.jpg
これだけやっても錆が出ているというステキな一品です


まず脱脂してサンドブラストをして焼けを落としますよ
マスキングはテープよりもホットボンドのほうが確実です 固まったら保護のためテープを張ります

DSC09103.jpg

奥ではピーピー豆が茂っています


某メーカーの打刻

DSC09106.jpg


そんなことよりこの鋭利な刃物の角丸めとけよって思います

DSC09104.jpg

ブラスト後酸処理、簡易防錆剤で中和、その後プレスでひずんだ両サイドの面を整え準備完了です

画像はない

塗装後に離型処理 離型方法は書きませんが詳しくはコチラ

http://jam7777.blog136.fc2.com/blog-entry-45.html


切り出したカーボンをじわっと乗せます
カーボンを自作される方のブログなどを読むとまず最初に樹脂を塗り次にカーボンを張る方がほとんどです

織り目がズレずに張れてすごいなーって思います


私は何も塗らない

DSC09130.jpg
カーボン自作はきっついけどがんばって

織り目を整えながら手でならして曲面
に追随させておきます


豚毛の刷毛で樹脂を塗りこみます ポリエステルは邪道
レーザー屋の八谷さんが「一秒間に16回つつくんでしょ?」といってニヤニヤしていましたが、そんなにつついたら泡が立ちます

今回はナフコで黒いダッポーローラーを買ってきました 

画像?  無い





一回目
DSC09131.jpg

両面で50g調合しました



表面のタック(ベタベタ)のあるうちに二回目

DSC09132.jpg

二回目以降は20g程で足りますが、量が少ないと調合の誤差が大ききなりますので40gと多めに作ります



三回目で大体おk

DSC09133.jpg

常温で硬化後80度で二時間加熱 樹脂の物性を安定させ変形を防ぎます

はがします エアをカーボンとタンクの間に吹き込んで離型

DSC09134.jpg


裏もまあ綺麗

DSC09135.jpg


はさみでトリミング

DSC09137.jpg

カッターが写っていますが関係ありません


表面を#200以上のペーパーから研ぎ始めます

画像? 無い


三次曲面の上に薄くてふかふかするのでサンドブラストの砂を袋に詰め裏のあてものとします

DSC09138.jpg

ジーンズに詰めれば板金だってできちゃいます

エポキシで固めればプレスだってできちゃいます


#800くらいまで上げて保護のクリア

DSC09139.jpg

作っておいた型を貼って大雑把にトリミング

DSC09140.jpg

この時断面が貝殻のように欠けたら層間剥離が起きています 原因は湿度が高いときに樹脂を塗り重ねた、樹脂と硬化剤の調合不良、含侵不足、エポキシ高いのでポリエステルつこうた  等が考えられます

さっさとやり直しましょう

DSC09142.jpg

道具を使わず手作業で正確に削りだし

DSC09141.jpg








マタネ オヤスミナサイ




 

















関連記事

コメント

Secret

プロフィール

  jam

Author:  jam
ペイントアートJAM別館です
本館はこちらへ↓↓↓
  PaintArt JAM
Facebookはこちらへ↓↓↓
ジャム Facebook
何書こうかな..... 本文もテンプレないすかね(汗

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。