FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイバーワークトカVol.2


続きです.

とりあえずまともな形になったドーリームズオリジナルバガーキットですが
P_20160205_161825.jpg

サフェーサーの下はFRPの切れ目が走る悪夢仕様
P_20151225_165524.jpg

実はパテで埋めただけ・・・   どうしよう

あ~あ~あっやんなっちゃったぁ~

あ~あ~あぁ


P_20160307_171219.jpg


驚いた?


ギコギコしてやった  箱ならどれでも良かった 今は後悔している。。。




まあそれは冗談で、切る前に例のあれでアレをアレしておきました いつもヘリは離型処理の代わりにシリコンシーラント塗ってますがこれは破壊するのでいいや

P_20160301_103216.jpg

今回は珍しくゲルコートを使用しました  が、一度だけ極薄に です
FRPによく見られるひび割れはそのほとんどが過剰なゲルや樹脂のせいです

含侵させるときは樹脂をタップリ塗りましょう  ケチると気泡が残ります
P_20160303_100634.jpg

鉄ネジローラーを使って気泡を抜きながら余分な樹脂を外に追いやっていきます
P_20160303_095735.jpg
 

低温で硬化させた後高温でじっくり焼きます

P_20160304_102247.jpg


見ろ 型がまるでごみの様だ

P_20160304_104011.jpg

箱をのせてみます

P_20160310_134052.jpg

いいやつとわるいやつ

P_20160310_143034.jpg




このボケ、切ったら開きおった 

P_20160312_104448.jpg

あれだけ加熱したのに歪みでものすごいテンションがかかっていました

幅の広い右側のボックスですが、底部にスリットを入れて幅をつめてひとまず固定
P_20160314_103623.jpg
 
そうそう、スリットの断面 こんなんなってました うっすいのう・・・空気層を設けて断熱効果を狙ってます か?
パテが流れ込んでいる所をみるとここも隙間だらけなんだろな  

P_20160307_173347.jpg

開き、幅を修正して

P_20160312_112657.jpg

先ほど作った板をすり合わせて仮組みしてスポットで接着

P_20160314_142102.jpg

まずは内側に複雑な所用ガラスクロスを貼っていきます

P_20160315_130924.jpg

これじゃ足りないじゃないか。。。

と思ったらもう一巻き出てきました 何でこんなに持ってたんだろ?

P_20160315_131938.jpg

明るいところでないと見えやしません

P_20160315_130910.jpg


はい

P_20160315_135741.jpg

硬化後外側から強度を持たせつつ積層するのですが、このボックスはパテやゲルコートで分厚くコーティングされているのでまずそれを削ります
P_20160316_142106.jpg

P_20160316_142308.jpg

P_20160m316_142531.jpg

P_20160316_142755.jpg

P_20160316_142933.jpg

馬鹿どもが

P_20c160316_162747.jpg


積層する前に継ぎ目をV字に削りロービングを短く切ったものを樹脂と混ぜて隙間に詰めておきます

P_20160316_150609.jpg

P_20160316_154841.jpg

見えているパテも後で削り落としました

ワープして完成  画像とって無かったの。。。

P_20c160319_141515.jpg
なるべくパテは使わない方向で行きたいと思います

塗った状態でupしようかと思いましたがG.Wまで更に忙しくなるのでとりあえずここまで







ファイバーワークトカ  完     







関連記事

コメント

Secret

プロフィール

  jam

Author:  jam
ペイントアートJAM別館です
本館はこちらへ↓↓↓
  PaintArt JAM
Facebookはこちらへ↓↓↓
ジャム Facebook
何書こうかな..... 本文もテンプレないすかね(汗

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。